実演販売の実演販売士協会のホームページ・ロゴ    
 Topページ > 教えて1実演販売士 > 卓について
教えてE実演販売士

 

 卓(たく)について

実演販売士がしゃべる口上のことで、『卓を打つ』などと使います。
実演販売士が仲間うちで使う専門用語で、口上のことを卓と言と、
この業界の人間だと言うことがすぐにわかります。
口上は綿密に構成が練られており、お客さんの反応を見ながら修正を加えて行くのです。
喋る癖や個性が出てくるので、同じ商品でも実演販売士によって 十人十色、内容、構成も大きく変わります。
世の中には、芸人、役者、アナウンサーと様々な喋りのプロが存在しますが、
実演販売は、商品を説明するのに特化した喋りのプロといえるかもしれません。
それには卓が不可欠なのです。

実演販売士の口上は特殊な構造でつくられてます、物事を説明する上で基礎と言われて起承転結の
構造とは一線を画す序破急と言われる構造で語られます。
この特殊な構造に支えられ、他のどんな職業の人にも真似できない
ダイナミックでおもしろい演販売士特有の口上が生まれるているんです。

基本、実演販売を始める時は、実演販売士の側に立って
既成の口上をとにかく丸呑みすることから始めます。
卓と呼ばれる口上の構成を体にしみこませる作業をするのです、
始めて卓を教わった人を時には師匠なんて呼ぶ場合もあります。

良い卓はどんどんとマネされたりマネしたりしています、
長い年月の末、現在の実演販売の巧みな口上が形成されてたと言えるかもしれませんね。

 

TOPページ  商品のご提案について  実演販売の依頼について  実演販売士の紹介  実演販売士のスケジュール  
  実演販売士のブログ  教えて!実演販売士  会社概要  お問い合わせ  サイトマップ

株式会社 実演販売士協会 since2007
Copyright(C) Jistuen Hanbai Association.All Rights Reserved.
このサイトは、InternetExplore、Firefox、OPERA、Safariの各ブラウザで動作することを確かめています。